subject_main

歯科衛生士は国家資格です

subject_ceremony

クリニカル トレーニング セレモニー

 歯の健康への関心が高まっている今日、歯科衛生士の需要性は増加してきています。歯科衛生士は、昭和23年制定の歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格で、う蝕や歯周病などの予防のために薬剤を使用したり、様々な口の病気から人々を守るために必要なことを指導したり、歯科医療の補助を行ったりするスペシャリストです。また、歯科衛生士が歯科医師と患者さんの仲立ちとして果たす役割は大きく、欠くことの出来ない存在です。その意味から、患者さんに対する心づかいや思いやり、やさしさといったメンタルな要素がとても大切です。人間として成長すると共に、女性としてやりがいがあり、結婚後も継続して勤務しやすい仕事です。

国家試験対策

歯科衛生士国家試験は毎年3月上旬に年1回行われます。

 本校では国家試験合格に向けたサポート体制を整えています。
 1年次と2年次には各1回模擬試験を実施し、3年次では8回実施します。
 模擬試験の結果から成績不良科目を分析し、専任教員が国家試験合格に向けた学習方法をアドバイスします。また、夏期講座や直前講座を開催し、夏期講座では知識の整理と確認を行い、国家試験直前2ケ月には科目講師による特別補講を行います。
 また、弱点克服のための個別対応として専任教員による個人補講を実施し、国家試験直前までサポートします。

受験資格

1.文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者

2.都道府県知事の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者

3.外国の歯科衛生士学校を卒業し、又は外国において歯科衛生士免許を得た者で、構成労働大臣が1又は2に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めたもの

国家試験科目

①人体(歯・口腔を除く)の構造と機能

②歯・口腔の構造を機能

③疾病の成り立ち及び回復過程の促進

④歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み

⑤歯科衛生士概論

⑥臨床歯科医学

⑦歯科予防処置論

⑧歯科保健指導論

⑨歯科診療補助論