資料請求

募集人員80名
修業年限3年
受験資格
  1. 学校教育法による高等学校を卒業および卒業見込の者。

    (平成31年3月卒業見込の者、高等学校卒業程度認定試験合格者を含む)

  2. AO入試については、1に該当する者。

  3. 推薦入試については、下記に該当する者。

    1. ①高校推薦は、高等学校現役生で学校長が推薦する者。

    2. ②社会人自己推薦は、高等学校を卒業した者。

      (高等学校卒業程度認定試験合格者を含む)

    3. ③会員推薦は、兵庫県歯科医師会会員が推薦する者。

    4. ④卒業生推薦は、兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院卒業生が推薦する者。
  4. 一般入試については、1に該当する者。

  5. 女子に限る。

  6. 高等学校段階を有する外国人学校のうち、修業年限が12年の外国人学校の卒業者または卒業見込の者については、事前審査が必要なため各入試の願書受付開始日の3週間前までに本校へ連絡すること。

AO入試

入試日程、試験方法

願書受付期間平成30年9月3日(月)~9月14日(金)
試験期日平成30年9月30日(日)午前10時
試験方法書類審査・作文・面接
合格発表平成30年10月6日(土)

携行物

受験票・入学検定料納付票、筆記用具、入学願書に使用した志願者の印鑑。

試験会場

神戸市中央区山本通5丁目7番18号

兵庫県歯科医師会館(兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院西隣)

合格発表

受験者全員に合否を簡易書留郵便で通知。

推薦入試(高校推薦・社会人自己推薦・会員推薦・卒業生推薦)

入試日程、試験方法

 1次2次
願書受付期間平成30年10月9日(火)~10月19日(金)平成30年11月12日(月)~11月22日(木)
試験期日平成30年11月4日(日)午前10時平成30年12月9日(日)午前10時
試験方法書類審査・小論文・面接
合格発表平成30年11月10日(土)平成30年12月15日(土)

※推薦入試は1次または2次のどちらか1度の受験となります。
※推薦入試(2次)と一般入試(1次)は同日に実施します。

携行物

受験票・入学検定料納付票、筆記用具、入学願書に使用した志願者の印鑑。

試験会場

神戸市中央区山本通5丁目7番18号

兵庫県歯科医師会館(兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院西隣)

合格発表

受験者全員に合否を簡易書留郵便で通知。

一般入試

入試日程、試験方法

 1次2次3次
願書受付期間平成30年11月12日(月)~11月22日(木)平成31年1月7日(月)~1月10日(木)平成31年1月21日(月)~1月30日(水)
試験期日平成30年12月9日(日)午前10時平成31年1月20日(日)午前10時平成31年2月10日(日)午前10時
試験方法書類審査・国語総合・面接
合格発表平成30年12月15日(土)平成31年1月26日(土)平成31年2月16日(土)

※推薦入試(2次)と一般入試(1次)は同日に実施します。
※一般入試(2次・3次)は状況により実施しない場合があります。
 本校ホームページにてお知らせします。

携行物

受験票・入学検定料納付票、筆記用具、入学願書に使用した志願者の印鑑。

試験会場

神戸市中央区山本通5丁目7番18号

兵庫県歯科医師会館(兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院西隣)

合格発表

受験者全員に合否を簡易書留郵便で通知。

出願手続

提出書類

提出書類AO
入試
推薦入試一般入試備考
高校推薦社会人
自己推薦
会員推薦卒業生推薦 
入学願書 ◯本校所定用紙
写真票・受験票・
入学検定料納付票
 ◯本校所定用紙
自己推薦書 -本校所定用紙
推薦書 ◯本校所定用紙
調査書 ◯出身高等学校長が作成し、密封したもの
卒業証明書 ◯出身高等学校長が作成したもの
入学検定料
15,000円
 ◯郵送の場合、郵便普通為替
持参の場合、現金(おつり不可)
(試験期日当日の支払は不可)
本人宛返信封筒
(長形3号・切手不要)
 ◯受験票返送用(宛名明記)

※調査書は、卒業後5年以上経ていると学校により発行できない場合があります。発行が不可能な場合は単位修得証明書等を提出し、単位修得証明書等が提出できない場合は学校長からの「発行不能事由書」を提出する。

※調査書・卒業証明書等に記載されている氏名と現在の氏名が異なる場合は、戸籍個人事項証明書・戸籍全部事項証明書(変更前後の名が記載されているものに限る)を添付する。

受付場所

〒650-0003 神戸市中央区山本通5丁目3番27号

兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院 事務局

TEL:078-351-4188

FAX:078-351-2828

受付時間

午前9時30分~午前11時30分

午後1時30分~午後5時00分(土・日曜・祝祭日を除く)

(注意)

  • 出願の前に、もう一度提出書類および入学検定料を確認すること。
  • 願書の受付は郵送(消印有効)でも可。
  • 出願手続を完了した者には受験票・入学検定料納付票を手渡す。または簡易書留にて郵送。
  • 推薦入試(高校推薦・社会人自己推薦・会員推薦・卒業生推薦)は、1次または2次のどちらか1度の受験となる。

入学手続

入学を許可された者は、指定の期日までに必要書類(合格発表後、本校所定の用紙を送付)をそえて、学納金を納入しなければならない。

  1. 在学誓書等(合格発表後、本校所定の用紙を送付)
  2. 学納金
    入学金
    300,000円
    授業料(年額)
    400,000円
    実習費(年額)(1年次)
    270,000円
    実習費(年額)(2・3年次)
    200,000円
    施設設備費(年額)
    70,000円

※兵歯会員の実子・姉妹、本校卒業生および在校生の実子・姉妹、本校歯科技工学科の卒業生に限り、初年度の施設設備費は免除。(納付金納入時に申請必要)

※授業料および実習費は前期と後期に分けて納入。但し、施設設備費は前期に納入。

※校外研修・実習にかかる交通費は自己負担。

諸経費

教科書・器材費・制服等(但し業者委託) 約500,000円(3年間)

入学期日

平成31年4月10日(水)

資格

  1. 卒業生には、専門士(医療専門課程)の称号が与えられる。
  2. 歯科衛生士国家試験の受験資格が得られる。合格者には「歯科衛生士免許証」が与えられる。

その他

  1. すでに納入した入学検定料ならびに提出した出願書類は一切返却しない。

  2. AO入試、推薦入試で合格した者の納付した授業料、実習費、施設設備費については、入学する年の1月15日(その日が日曜日、休日または土曜日にあたるときは、その日前において、その日に最も近い日曜日、休日または土曜日でない日)までに入学を辞退した場合に限り、これを返還する。

    一般入試で合格した者の納付した入学金、授業料、実習費、施設設備費については、入学する年の3月15日(その日が日曜日、休日または土曜日にあたるときは、その日前において、その日に最も近い日曜日、休日または土曜日でない日)までに入学を辞退した場合に限り、これを返還する。

  3. 本校では学則細則により学院生活の注意を下記のとおり定めている。

    第10条

    1. (1) 通学は原則として公共交通機関を利用すること。(実習先においても同様とする)
    2. (2) 就学時間内および登下校を含む学校管理下における飲酒、喫煙を禁止する。(実習先においても同様とする)
    3. (3) カラーコンタクト、瞳拡張レンズ等の着用を禁止する。
    4. (4) 医療従事者にふさわしい身だしなみや態度を心がけること。(毛染め、まつげエクステンション、タトゥ等)
    5. (5) SNS等インターネット上に個人情報、学校情報、臨地・臨床実習情報等を投稿することや書き込むことを禁止する。
  4. 学校見学については、電話予約にて随時受付。

    受付時間:月曜日~ 金曜日 午前9時30分~午後5時00分

  5. その他、詳細は下記に問い合わせること。

    〒650-0003 神戸市中央区山本通5丁目3番27号

    兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院 事務局

    TEL:078-351-4188

    FAX:078-351-2828

未就業歯科衛生士再就職支援

本校では、結婚・出産・育児等の理由で離職した方が、歯科衛生士の仕事に復帰しようとされる際に、研修などの復職支援を行っています。この支援は本校の卒業生が対象となります。

学業奨励制度

学業意欲の向上を目的に、入学後の成績優秀者に対して表彰制度を設けています。

奨学金案内

日本学生支援機構は、日本学生支援機構法に基づいて設立され、優れた学生及び生徒で経済的理由により修学に困難があるものに対し、学費の貸与等を行うことにより、国家及び社会に有為な人材の育成に資するとともに、教育の機会均等に寄与することを目的としています。

  • 奨学金は、学業に励むあなた自身に貸与されるものです。したがって、卒業後あなた自身が返還することになります。返還金は後輩の奨学金として再び活用する仕組み になっています。奨学金を希望する人は案内書をよく読み、自分の現在・将来の生活設計に基づき、奨学金の種類・申し込み条件・返還方法等を考えて自分で申込に必要な書類を書き、学校を通して申込んでください。(家計の収入等、家族の方に相談しなければ書けないところは、よく相談して書いてください。)
  • 採用後は毎年秋に「奨学金継続願」の提出が必要です。提出がないと奨学金が廃止になるので気をつけてください。

↓詳しくはこちら↓

独立行政法人日本学生支援機構

教育ローン案内

本校では、学生・保護者向けの支援制度として、金融機関と提携した教育ローン制度を導入しています。 本校と提携している教育ローンは下記のとおりです。 それぞれに条件が異なりますので、ご利用の際には、各金融機関へお問い合わせください。

金融機関お問合せ先

株式会社ジャックス コンシュマーデスク

フリーダイヤル:0120-338-817

営業時間:10:00~19:00(平日・土日祝)

↓インターネットでの申し込みはこちら↓

JACCS教育ローン

株式会社オリエントコーポレーション 学費サポートデスク

フリーダイヤル:0120-517-325

営業時間:9:30~17:30(平日)

↓インターネットでの申し込みはこちら↓

ORICO学費サポートプラン

※翌営業日には審査結果の連絡があります。

教育訓練給付制度

教育訓練給付とは

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

本校は専門実践教育訓練施設の指定を受けています。

給付を受けることができる方

専門実践教育訓練給付

受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が10年以上(初めて給付を受けようとする方については、当分の間、2年以上(※1))あること、前回の教育訓練給付金受給から今回受講開始日前まで10年以上(※2)経過していることなど一定の要件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給。

支給申請の詳細については、お住まいの地域を管轄するハローワークにご確認ください。

(※1)平成26年10月1日前に旧制度の教育訓練給付金を受給した場合であって、初めて専門実践教育訓練を受給しようとする場合は2年、 同年10月1日以降に旧制度の教育訓練給付金又は一般教育給付金の支給を受けた場合は10年以上。

(※2)平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合はこの取扱は適用されません。

給付額

専門実践教育訓練給付

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の40%に相当する額となります。ただし、その額が1年間で32万円を超える場合の支給額は32万円(訓練期間は最大で3年間となるため、最大で96万円が上限)とし、4千円を超えない場合は支給されません。

専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給します。

この場合、すでに給付された(1)の訓練経費の40%と追加給付20%を合わせた60%に相当する額が支給されることとなりますが、その額が 144万円を超える場合の支給額は144万円(訓練期間が3年の場合、2年の場合は96万円、1年の場合は48万円が上限)とし、4千円を超えない場合は支給されません。

専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給できる方のうち、受講開始時に45歳未満で離職しているなど、一定の条件を満たす場合には、訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。教育訓練支援給付金は、平成30年度までの暫定措置です。支給申請の詳細については、お住まいの地域を管轄するハローワークにご確認ください。

対象となる講座

教育訓練給付の対象となる講座は、厚生労働大臣の指定を受けていることが必要です。指定講座は、お近くのハローワークで一覧表が閲覧できるほか、教育訓練講座検索システムでもご覧になれます。

厚生労働省ホームページ(教育訓練給付制度について)から引用

就職状況

卒業後の就職先としては、主に近畿圏の総合病院・行政の保健施設社会福祉施設をはじめ、兵庫県下を主とする歯科医院や企業・教育機関等、幅広い分野から約400%の求人が寄せられます。