口腔のプロフェッショナルとしての「実践力」を養う

学院長 浦出 雅裕

学院長 浦出 雅裕

 本学院は1967年に設立された兵庫県下で最も伝統ある歯科衛生士専門学校です。徹底した基礎教育、専門教育に加えて、豊かな創造性、情緒と気品、協調性、高い倫理観を有する人間形成をめざし、医療現場において十分な知識と技術に裏打ちされた「実践力」を持った歯科衛生士の養成を教育理念としています。

 一般社団法人兵庫県歯科医師会附属施設である本学院は、大学のみならず臨床の第一線で活躍する屈指の開業医からなる優秀な講師陣による授業と整備されたIT環境でのiPadを利用した新しい授業展開で高い評価を得ています。

 近年、わが国の少子高齢化に伴い、歯科医療の構造は大きく変化しています。すなわち、高頻度疾患である齲蝕、歯周病の予防と治療のみならず、口腔全体、さらには全身疾患との関連を含めた口腔疾患の理解が必須になっています。医科と歯科が連携したチーム医療、在宅医療、往診治療など歯科衛生士が口腔のプロフェッショナルとして活躍できる場が拡がってきているのです。本学院は、そのようなニーズに対応できる実力のある歯科衛生士の育成を目指します。

沿革

学院と会館

昭和42年
兵庫県歯科医師会は歯科技工士養成のために兵庫県歯科技工士学院を開校
昭和45年
歯科衛生士の養成のために歯科衛生学科を併設し、校名を兵庫歯科学院と改める
昭和51年
校名を兵庫歯科学院専門学校と改める
昭和60年
本校隣接地に口腔保健センターを設立し、歯科衛生学科の施設の拡充と整備を図るため移転した
また、歯科衛生学科は平成7年3月の卒業時から文部大臣告示により専門士の称号が付与されることとなる
平成19年
歯科衛生学科3年制となる
平成24年
口腔保健センターの廃止に伴い、実習室等施設の一層の拡充を図る
平成29年
校名を兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院と改める