「実践力」を備えた、歯と口腔のプロフェッショナルを育てる

 本学院は1967年に設立された全国的にも極めて伝統ある歯科衛生士養成校であり、これまでに約3500名の卒業生を世に送り出してきました。

 徹底した基礎・専門教育とともに創造性と心豊かな人間形成を目指し、医療の現場において十分な知識と技術に裏打ちされた「実践力」を併せもつ歯科衛生士の養成を教育理念としています。

 一般社団法人兵庫県歯科医師会附属の専門学校である本学院は、大学や総合病院だけでなく臨床の第一線で活躍中の開業歯科医師からなる質の高い講師陣による充実した講義と臨地・臨床実習で高い評価を得ています。

 近年、わが国では急速な少子高齢化の進展に伴い歯科医療の構造は大きく変化しており齲蝕(むし歯)や歯周病の予防と治療に加え、口腔全体さらには全身との関連を含む理解が必須となっています。

 医科歯科連携をはじめとする関連他職種とのチーム医療、在宅・訪問医療など、いま口腔のプロフェッショナルとして歯科衛生士の活躍できる場が大きく広がってきています。

本学院のアドミッションポリシー

本学院は専門的な知識や技術のみならず、豊かな人間性と医療現場において十分な「実践力」を併せもつ歯科衛生士の養成を目指すため、以下のような学生を求めます。

 ❶歯科衛生士を目指す強い意欲と目的意識を有する

 ❷歯科医師会附属である本学院の特徴と教育理念を理解できる

 ❸専門知識の修得に必要な基礎学力を有する

 ❹協調性に富み思いやりと責任感を有する

 ❺兵庫県下で医療・保健・福祉に貢献し生涯にわたり自己研鑽できる

沿革

学院と会館

昭和42年
兵庫県歯科医師会が歯科技工士養成のために兵庫県歯科技工士学院を開校
昭和45年
歯科衛生士の養成のため歯科衛生学科を併設し、校名を兵庫歯科学院と改称
昭和51年
校名を兵庫歯科学院専門学校と改称
昭和60年
本校隣接地に口腔保健センターを設立
歯科衛生学科の施設の拡充・整備を図るため移転
〈歯科衛生学科は平成7年3月の卒業時より文部大臣告示により「専門士」の称号が付与されることとなる〉
平成19年
歯科衛生学科3年制に移行(歯科技工学科廃科)
平成24年
口腔保健センター廃止に伴い実習施設等を拡充
平成29年
創立50周年を機に校名を兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院と改称