兵庫県歯・口の健康に関する図画・ポスターコンクールに兵庫県下の小学校から総数1,366点の作品を応募いただきました。学年毎では、昨年の応募数を上回ったり下回ったりもありますが、特に今年は、小学校2年生で、応募枚数が100点以上増加しています。応募されたどの作品も熱心に取り組まれており、指導された先生方のご苦労や子どもたちが熱心にポスターづくりに励む姿が想像され、全力で審査を行いました。とても見応えのある作品が多かったように思います。特に高学年の作品の質が上がったように思われ、とてもユニークな作品が多かったように思います。
 今回の審査を通してうれしかったことは、子供たちの絵がバラエティーに富んでいることに改めて気付かされたことです。そして、子供自らが価値や意味をつくりだしながら描いた絵は、その子の独特の世界観が、色や形、構図となって表現されているということです。その中で、一定の手順や段階を追って描かれたような作品があったことは少し気になりました。
 さて、審査では、歯・口の健康に関して、「作者がどのようなことを大切に考え、伝えたい思いをどう表現したのか」という観点で審査を行いました。また、技術的なことでは、構図の大胆さや色の美しさ、キャッチコピー等とのバランスを考慮、さらに最後まで、「ていねいに自分の方法で描いているか」を中心に審査しました。応募作品の内容では、歯をしっかりと磨く様子を大きく描いた作品や学校での歯科健診の様子を描いたものが今年も多かったように思いますが、歯医者さんを描いている作品が少なかったことは、少し寂しかったです。しかし、同じ場面を描いていても、それぞれの個性が全面に出ている作品や表現方法がとてもユニークな作品もあり、また、描く角度に個性を出しているような作品もあるなど審査していて、思わず楽しくなってしまいました。特に入賞をはたした作品は、例年にも増して個性的で丁寧に描いているものが多く、特に、高学年では技術的にも時間をかけた完成度の高い作品が選ばれたように思います。また、低学年では、年齢に応じた自分表現と色使いを中心に選ばれたと思います。
 入賞作品以外でも、すばらしい作品が多数あり、こうした作品を制作する中で、多くの子どもたちが歯・口の健康を真剣に考え、熱心にポスターづくりに励んだ経験が素晴らしことだと思っています。最後になりましたが、このような場を毎年、提供しつづけていただいている主催者の皆様方に感謝するとともに、今後も多くの子どもたちがこうした作品を作り続け、応募していただくことを心より願っています。
兵庫県小学校教育研究会図画工作部会
岡田 修平
図画の部
ポスターの部
は図画の部最優秀賞
知事賞
阿部 真奈

明石市立二見西小学校

【優秀作品(知事賞)評】
 色彩の美しさに驚きました。説明しながら、またお話をしながら白い絵の具で描いていったのではないかと思いました。絵の具の感触も楽しみながら描くことができたのではないでしょうか。画用紙の上で筆を動かしながら考えたり、となりの人と話したりしながら思いを巡らせることが大切だと改めて感じさせるすてきな絵が出来上がりました。



教育長賞
中納 早希
神戸大学附属小学校


教育長賞
阿部 満月
加古川市立神野小学校


教育長賞
立石 ひなた
伊丹市立天神川小学校


県歯科医師会長賞
東 唯愛
宝塚市立美座小学校


県歯科医師会長賞
廣岡 燦奈
明石市立錦浦小学校


県歯科医師会長賞
水田 果怜
高砂市立米田西小学校


県歯科医師会長賞
上田 一瑳
宝塚市立美座小学校


県歯科医師会長賞
前田 祥舞
明石市立二見西小学校


県歯科医師会長賞
岡 志歩

三田市立けやき台小学校
 

佳 作
道川内 瑠果
高砂市立米田西小学校
 
許可無く転載を禁じます