プロの現場で働く、先輩たちからのメッセージです。

株式会社スマイル・ケア 代表取締役土屋和子(本校6回生)

株式会社スマイル・ケア 代表取締役土屋和子(本校6回生)

 歯科衛生士の資格を取って40年になろうとしています。

 その間の仕事についてお話するにはとてもたくさんの時間が必要ですので、今日は略してお話しましょう。

 現在、私は株式会社スマイル・ケアの代表取締役として仕事をしています。卒後、4年間神戸市の歯科医院に常勤で勤務したのち、アメリカ・ロサンゼルスの歯科医院で1年間研修を受け、帰国してからはフリーランスの体制をとって数多くの歯科医院や障害者センターに勤務しました。日本でフリーランス歯科衛生士として名乗った第一号は、私でした。このような体制を取った理由は、

  1. できるだけ多くの臨床現場を体験したかった
  2. 高額な収入が欲しかった
  3. 自分で時間コントロールがしたかった

 など、まだ仕事と子育ての両立が難しい時代でしたがぜひとも子育てをしながら仕事をしたいとも考えたからです。現在31歳の娘、27歳23歳の息子がいます。もうすっかり手が掛らなくなりましたが、教育費に膨大な費用が掛かりました。しかし、なんとかその教育費も捻出し、海外に留学させる収入を得ることができています。

 現在は、週に3日間は東京都内にある3件の診療室で患者さんの治療やメンテナンスを行い、セミナーの講師や臨床現場のインストラクターとしての仕事や執筆活動をしています。セミナー講師や執筆の仕事をするからには、常に新しい情報を発信するために「学び」が欠かせません。しかし、知らなかったことを知ることはとても楽しいものです。この自己投資は歯科衛生士として働く以上続けたいと思います。近年には成功者の多くが学ぶ学問であるNLPを学び、2011年に全米NLP協会認定トレーナーのライセンスを取得し、歯科医療界に特化したデンタルNLP®を2012年に立ち上げました。現在はデンタルNLP®のセミナーを全国各地で展開しています。

 デンタルNLP®では、自己と他己へのコミュニケーションを学びます。さらに、2014年10月に『日本歯科医療人育成協会』を設立しました。長年の歯科衛生士としての経験を活かし、歯科医療界に貢献できることを心底嬉しく思います。

 「歯科衛生士」として長年仕事をしてきたからこそ、素晴らしい出会いがありその人との関わりから学んだことや経験したことは一生の財産です。

 好きな仕事に出会え、仕事を愛することができたことをとても誇りに思います。

 まだ「仕事」に出会っていない若い方たちが少しでも早くそのような充実した仕事を得られますように。

 ぜひ、どこかでお会いしましょう。

西脇市立西脇病院 口腔外科 勤務松本 香(本校7回生)

西脇私立西脇病院 口腔外科 勤務松本香(本校7回生) 本校を卒業して37年間口腔外科で歯科衛生士として勤務してきました。あらゆる面で口腔ケアが見直されている今、この職業を続けていて本当によかったと思います。長い間続けてこられたのは医療現場での「ありがとう」の患者様の一言と笑顔です。

 口腔ケアへの関心が高まり、社会的にも存在が認められつつある今「心から」患者様と接することのできる歯科衛生士になって下さい。

佐藤歯科クリニック 勤務白水雅子(本校27回生)

佐藤歯科クリニック 勤務白水雅子(本校27回生) 世の中にはたくさんの職業があります。中には女性が憧れる華やかな職業や、流行を追う素敵な職業もあります。しかし、そのような多くの職種から私は歯科衛生士を選びました。それはまだ誕生する前の胎児から、人生の年輪を重ねた高齢者の方々まで、全人類を対象に予防業務や治療行為にも携えるとても意義のある職業だからです。これは医療分野においても特徴的ですし、今後ますます必要性が求められる専門職だと思います。

 私は歯科衛生士になり20年を迎えますが、毎日一人一人の患者さんの生老病死に関わりながら、口腔の健康を通じて上質な日常生活へと導く、奥の深い学問だと改めて感じつつ勤務しています。このように今現在も充実した仕事を続けられるのは、学生時代に学んだことが基盤となっています。熱心な先生方、丁寧に指導してくださった教員・先輩方、一緒に頑張った同級生達とのとても充実した学校生活でした。裾野が広ければ、人間として高く成長できると、数多い経験をカリキュラムの中で体験できた兵庫歯科学院にとても感謝しています。

兵庫医科大学病院 歯科口腔外科 勤務河田尚子(本校31回生)

兵庫医科大学病院 歯科口腔外科 勤務河田尚子(本校31回生) 私は31回生の河田尚子です。学院卒業後、兵庫医科大学病院歯科口腔外科にて勤務しています。大学病院における勤務の特色としては、今はチーム医療の中の歯科衛生士として呼吸ケアチームに参加したり、オペ前の患者様に対応しています。チーム医療の中で歯科衛生士は、今後もっと活動の場は広がるものと思われます。今後は、口腔内に固執することなく全身的なアプローチを目標に頑張りたいと思っています。

勝谷歯科医院 勤務赤西万里奈(本校36回生)

勝谷歯科医院 勤務赤西万里奈(本校36回生) 卒業後すぐに勝谷歯科医院に就職し11年目になります。医院では、歯周病やむし歯の予防のための歯みがき指導、歯周病の検査、歯周病の治療としての歯石除去、メインテナンス治療などを担当しています。私たち歯科衛生士が行うこのような処置は、治療結果に大きく関わる重要な仕事であり、それだけに大変難しい、しかし、やりがいのある仕事です。今後、さらに知識と技術の向上に努め、できるだけ長く歯科衛生士の仕事を続けていきたいと考えています。

兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院 勤務永島由紀子(本校34回生)

兵庫歯科学院専門学校 勤務永島由紀子(本校34回生) 私は、現役生ではなく社会経験を経て本校に入学しました。また育児中の身だったため、家事、勉強との両立しながらの学生生活でした。迷った時にはいつも正しい道を示し、背中を押して下さっていた教員に憧れ、「自分がしてもらったように学生のサポートがしたい、いつか教育に携わりたい」と思っていました。熱心な教員の指導を受け、共に乗り越えてきた仲間と過ごした時間は、私にとってかけがえのない宝物となりました。卒業後は開業医院、総合病院で実務経験を積んで母校で専任教員として勤務させていただいています。歯科衛生士を目指す学生に、多くの可能性を引き出していけるよう、また充実した学生生活が送れるよう精神面ともにサポートしていきたいと思っております。