口腔白板症

haku1口腔白板症(はくばんしょう)とは、1978年WHOの診断基準によれば、口腔粘膜に生じた摩擦によって除去できない白色の板状(ばんじょう)あるいは斑状の角化性病変で臨床的あるいは病理組織学的に他のいかなる疾患にも分類されないような白斑と定義されています。

口腔白板症は前癌病変であると考えられ、その癌化率は4.4~17.5%と報告されています。特に舌側緑(舌の横)、舌下面、口腔底(こうくうてい)(舌の下と下の前歯の間)に発生した白板症で、疣状(いぼじょう)や腫瘤状の病変や潰瘍、びらん(ただれ)が存在するときには口腔扁平上皮癌(こうくうへんぺいじょうひがん)に進展する確率が高く、すでに癌を発生している場合があります。臨床的な病型に分類がなされ、たとえばWHOは均一型(homogenous type)と不均一型(non-homogenous type)に分けています。

口腔白板症の病因は明らかにされていません。誘因としては、局所に継続的に作用する物理的、化学的刺激、たとえばタバコ、アルコール飲料、刺激性食品、不適合補綴物(ほてつぶつ)(金冠や金属の詰め物、入れ歯)などがあげられています。口腔白板症は40歳以降の男性に多くみられます。好発部位は舌で、ついで歯肉(歯ぐき)、頬粘膜(頬)、口蓋(上顎)、口腔底などが続きます。発生頻度は日本では、2.4%との報告があります。

口腔白板症の診断には生検組織の採取(実際の病変部分の一部を切り取る)による顕微鏡組織検査が必要です。口腔白板症の病理組織像は多彩で、種々な程度の角化の亢進、有棘層(ゆうきょくそう)の肥厚、上皮下への炎症性細胞浸潤、上皮の種々の程度の異形成などが認められます。特に癌化との関連性においては病理組織学的診断による上皮異形の程度は重要になります。

治療としては、まず刺激源になっているものがあれば、除去します。薬物療法としては、ビタミンAが有効でビタミンAの投与に反応するか否かを観察します。なお口腔白板症で広範囲に病変が存在する場合、生検組織を複数の部位より採取する必要があります。生検を行い、上皮異形成と診断される病変があり、またビタミンAによる治療に反応しなければ病変粘膜の外科的切除(手術で取り除く)を行います。また生検にて上皮内癌という結果が得られた場合は口腔扁平上皮癌として取り扱うことになります。

place_title
当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。